お子様でも飲める青汁ってどんなもの?

「野菜が苦手な子供に青汁を飲んでもらいたい」「でも、子供にも飲ませて大丈夫かな?」とお悩みの方、たくさんいらっしゃると思います。

 

まず、安心して飲めるのかと言う気になる点をピックアップして解説していきます。

 

 

一番にあがるのが、保存料や添加物(※1)について。

 

保存料や添加物など、お子様に飲んでもらうには抵抗がありますし、もちろん大人でも気になりますね。

 

※1 添加物とは、食品の風味・外観色合い調整、保存や酸化防止、栄養強化を目的に入れられる。

 

 

 

そして飲みにくさです。

 

青汁はケールなどから独特のクセが出ていて、苦手な野菜に、またさらに嫌なイメージを与えてしまいそうですよね。。
よく「苦い!」などと聞きますし、色も濃い緑色をしていて、特に青野菜の苦手な方には抵抗があるでしょう。

 

 

最近の青汁は、保存料や添加物を使っていない青汁がどんどん増えています!
砂糖や食塩不使用のものもあるので糖分や塩分の気になる方にも安心ですね。

 

飲みやすさや味についても、りんごなどの果物や蜂蜜などをブレンドした自然な甘さのものが多いですよ!!
よく聞く「苦い…」「不味い…」と言ったイメージがガラッと変わり、飲みやすく改良されているのでお子様でも美味しく飲めると思います。

 

実際に青汁ではどんな栄養が摂れるの?野菜嫌いな子供にすすめたい

昔から野菜の苦手なお子様はいると思いますが、現代でも「子供が野菜を食べてくれません」「子供が青野菜が嫌いなので困ってます」などと言った声をよく耳にします。

 

そんなお子様に!

 

青汁には、ビタミン・ミネラル・食物繊維・カリウム・B-カロテンなどたくさんの栄養が詰まっています。
不足しがちな栄養素が入っているので、野菜が苦手なお子様が、無理なく野菜の栄養を摂れると思います。

 

 

ビタミン→体の調子を整える栄養素

 

ミネラル→骨や歯などをつくる・体の調子を整える

 

食物繊維→腸内の有害物質やコレステロールなどの排出を助け、便通をよくしたりする働きがある

 

カリウム→ナトリウムとバランスをとりなら、良い体の状態を維持するのに役立つ。高血圧の予防。

 

β-カロテン→身体全般の老化防止や、肌・髪・爪を健康に保つ効果があると言われている。

 

 

このように、体にうれしい栄養がたくさん入った青汁。お子さんと一緒に美味しく飲みたいですよね。

 

 

お子様と一緒に飲めるおすすめの青汁は⇒おいしい青汁

おいしい青汁って?

おいしい青汁は、保存料・砂糖・食塩・香料など一切入ってません!!
9種類の野菜にりんごとレモンをブレンドしていてフルーティに。
甘みが魅力でとても飲みやすくなってます!

 

野菜の味わいもそのまま活かし、加熱をおさえて加工した野菜ピューレを原材料の一部に使用。
栄養をギュッと閉じ込めてます。
とろっと濃厚で飲んでいるというより、まるで食べるような青汁です。
満足感も味わえますよ!

 

栄養もバッチリ!!
ビタミン・ミネラル・食物繊維(※2)の他、鉄分・カリウム・B-カロテン・カルシウムなど、不足しがちな栄養素がたっぷり入っています。
1本で1日の野菜不足が補えますよ!

 

※2 おいしい青汁は食物繊維が多いので、1歳くらいまでは量を加減して飲むと良い。

 

 

 

缶のドリンクタイプだから便利です。
通勤・通学など、忙しい朝でも朝食と一緒に手軽に飲めます。

 

 

 

無添加で飲みやすい青汁なら、お子様でも安心!!
家族で一緒に美味しく健康になりせんか?

 

 

家族で飲むなら⇒おいしい青汁